台風19号被害にあった農家さんへの応援を!

先日の台風19号の際、利根川の氾濫を防ぐために我孫子市と柏市にまたがる利根川沿いの田中調整池に越流が行われました。

調整地は大雨などで川の水が急に増えた時、その一部を貯めて下流に流れる量を少なくする役割を持っています。

この場所は、普段は農地として利用されており、お米や野菜など様々な農作物が生産されています。

今回の台風で、特に刈り取りが終っていなかった田んぼや、柏特産の小かぶやネギの圃場に大きな被害が出ました。

一生懸命育てた農作物をこの台風で一気に失ってしまったこと。

これから本番となる出荷ができなくなってしまったこと。

利根川の氾濫を免れ、市民の生活が守られた背景には農家さんの犠牲があったことを知っておかなくてはいけません。

 

我々にできることは食べる事や買う事位しかできませんが、微力ながらも農家さんの力になるかもしれません。

市内でも多くの飲食店で被害にあった農家さんの食材を使い、農家さんを支える活動が広がっています。

道の駅でも、レストランviaggioでは今回被害にあったカブを応援するため、カブを使ったメニューの提供を始めました!

また、道の駅オリジナルのカブのソフトクリームももちろん柏産のカブを使用しています!

小さな力が大きな力に変わっていきます。

道の駅でも引き続き農家さんを応援していきます!