花火玉貯金箱づくり体験開催しました!

6月30日に「花火玉貯金箱づくり体験」を開催しました。

当日はお子様からご年配の方まで、たくさんの皆様にご参加いただきました!

高城煙火店の職人さんに教えてもらいながら作っていきます。

 

 

 

 

 

 

花火の殻を合わせたら、周りに紙を貼っていきます。

これがなかなか難しいんです!

しわが寄らないように伸ばしながら丁寧に貼っていきます。

初めての作業に苦戦しながらも、きれいに仕上げようと皆さん一生懸命です。

実際の作業では、貼っては乾かしてという作業を繰り返し、約60枚の紙を貼っていくそうです。

すごく時間のかかる作業なんですよ。

職人の方の技に思わず見入ってしまいます。

使用する材料にも手間がかかっています。

貼り付ける紙に一枚ずつ糊を塗っていくのですが、この糊も米粉を練り上げて作っているそうです。

 

手賀沼花火大会のお話も聞くことができました。

火薬の配合、星づくり、玉込め、打ち上げ台の設置など、本番までたくさんの行程と手間、そして職人さんの想いがこもっているんですね。

手賀沼の花火がより一層楽しく、親しみを持って見れますね!

沼南の職人さんの技術に触れることができた貴重な一日でした!