11/26(土)【秋の手賀沼を満喫!】企画を行いました!

  好天に恵まれ、【秋の手賀沼を満喫!】企画には16名のご参加をいただきました。

道の駅しょうなんの石橋所長が案内役を務め、遊覧船で手賀沼フィッシングセンターへ向かいます!船頭さんによる手賀沼の生い立ちや水鳥、魚などの生き物の解説をたっぷりと聞きながら船の旅です。

cimg0016img_3771img_3768

手賀沼フィッシングセンターから歩きます!まずは地元で名主を務めたお宅の「長屋門」へ!学芸員・柏市役所文化課の高野さんによる詳しい解説で見るべきポイントが良く分かります。

cimg0018 cimg0020

山の中を抜けて、次は「手賀城」へ向かいます!手賀地区のこんな所にお城があったんです。この時代に作られたお城で城主が分かるものは珍しく、見晴らしのよい場所なので筑波山や手賀沼が一望できるところにあります。お隣にある「興福院」には手賀城主の原氏(ハラシ)に仕えた家臣のお墓などがあります。

cimg0024 cimg0029 cimg0030 cimg0031cimg0033

 歩いてすぐのところにある「旧手賀教会堂」は首都圏で一番古い教会です。かやぶき屋根の外観に似つかわしくないガラス窓がついていて、日本人女流画家の書いたイコン(聖画)のレプリカを見ながら、どうしてここに教会があったのか、手賀城主原氏の末えいとキリスト教の係わりなどをじっくりと解説してもらいました。皆様驚きや納得の連続だったようです。

  cimg0036 cimg0037 cimg0038

お次は約4km歩いたところにある「兵主八幡神社」です!ここは古くからのこの地区の鎮守(ちんじゅ)で、本殿には精巧な彫刻があります。

cimg0040 cimg0047 cimg0049

最後は手賀沼フィッシングセンターまで歩いて史跡めぐりは終了です!ちょうどお昼の時間、帰りの遊覧船では道の駅しょうなん直売所でも販売中の、手賀地区で採れた新米おにぎりとお茶をお楽しみいただきました。

さらに、この日数量限定で道の駅しょうなんにて販売していた「かしわに焼き」お好み焼き味を全員にお土産としてプレゼント!焼きたてを皆様に美味しく召し上がっていただきました!

img_3794%e3%81%8b%e3%81%97%e3%82%8f%e3%81%ab%e7%84%bc%e3%81%8d